投稿日:2023年8月2日

電気工事の現場で欠かせない工具をご紹介!

こんにちは!神奈川県高座郡寒川町の有限会社湘涼電工です。
弊社は、神奈川茅ケ崎市や藤沢市などの地域で電気工事に携わる業者です。
今回は、電気工事で欠かせない工具をご紹介したいと思います。
電気工事は、専門的な知識や技術が必要な仕事ですが、それと同時に、適切な工具の選択や使い方も重要です。
工具の種類や用途によって、作業の効率や安全性が大きく変わります。
そこで、私たちが日常的に使用している工具の中から、代表的なものを3つピックアップいたしました。
ぜひ最後までご覧ください。

電動ドリル・電動ドライバー

工具
電動ドリルと電動ドライバーは、電気工事において最も頻繁に使用します。
電動ドリルは、壁や天井などに穴を開けるための工具で、電動ドライバーは、ネジを締めたり外したりするための工具です。
これらの工具は、コード式とコードレス式があります。
コードレス式のメリットは、コードが邪魔にならず、自由に移動できることです。
また、充電式のバッテリーを使うため、電源がない場所でも作業できます。
ただし、バッテリーの残量や充電時間に注意が必要です。
私たちは、工具の名称から使い方までしっかりと伝授します。

圧着ペンチ

圧着ペンチは、電線と端子を接続するための工具です。
端子とは、金属製の小さな部品で、電線の先端に取り付けて、他の部品や器具と接続する役割を果たします。
圧着ペンチは、端子に電線を差し込んで、ペンチで圧力をかけて固定することで、接続を行います。
このとき、圧力が弱すぎると接触不良や外れやすくなりますし、強すぎると端子が変形したり切れたりするため注意が必要です。
適切な圧力をかけて行いましょう。
また、端子の種類やサイズによっても圧着ペンチの種類や使い方が異なります。

ホルソー・ドリルビット

ホルソーとドリルビットは、穴開け作業に使用する工具ですが、穴の大きさや形状によって使い分けます。
ホルソーは、円形の刃が付いた金属製のカッターで、直径が大きく深さが浅い穴を開けるときに使用します。
例えば、配線用の穴やスイッチやコンセントの取り付け用の穴などです。
ホルソーは、電動ドリルに取り付けて使用しますが、刃の部分が回転するため、安定させるためにドリルビットを併用します。
ドリルビットは、先端が尖った金属製の棒で、直径が小さく深さが深い穴を開けるときに使用します。
例えば、ネジやアンカーの取り付け用の穴などです。
ドリルビットも、電動ドリルに取り付けて使用しますが、刃の部分が全体にあるため、ホルソーと違って安定させる必要はありません。

有限会社湘涼電工で求人募集中!

JOB
今回は、電気工事で欠かせない工具を3つに分けてご紹介しました。
電気工事は、工具の選択や使い方が作業の効率や安全性に大きく影響します。
ご興味のある方が「応募してよかった!」と思っていただけるように、一つ一つ順を追って研修いたしますのでご安心ください。
ご応募は、サイト内の求人応募ホームから簡単にご連絡いただけます。
電気工事スタッフとして働く皆様を、心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

有限会社湘涼電工
〒253-0105
神奈川県高座郡寒川町岡田3522-1
TEL:0467-40-5073 FAX:0467-40-5074


関連記事

プロの電気工事士を目指すチャンス!

プロの電気工事士を目指すチャンス!

はじめまして! 有限会社湘涼電工です。 弊社では、神奈川県高座郡寒川町を拠点に、電気工事を承っており …

将来性の明るい電気工事士の仕事をはじめてみませんか?

将来性の明るい電気工事士の仕事をはじめて…

こんにちは! 神奈川県高座郡寒川町を拠点に、神奈川県藤沢市や神奈川県茅ヶ崎市で電気工事を手掛ける、有 …

施工実績のご紹介!

施工実績のご紹介!

こんにちは!神奈川県高座郡の有限会社湘涼電工です。 弊社は東京都・神奈川県・埼玉県でオフィスビル・商 …

採用情報  お問い合わせ